院長ブログ

2016.03.19更新



4月16日(土)甲東園バルに、さくらいデンタルクリニックは、今年も参加しますsign03

ワンコイン500円で豪華5商品shine
①マスクケース
②マスク(2枚)
③歯ブラシ
④キシリトールグミ コーラ味
⑤携帯用フロス or デンタルミラー

数に限りがございますのでお早めにnote

9時〜17時まで随時お買い求め頂けますsmile

投稿者: さくらいデンタルクリニック

2016.03.16更新

みなさん、こんにちは!

歯にまつわるちょとしたお話を毎回お送りします。

今回は、、、

『乳歯は永久歯に生え変わるのに、なぜ治療しなければいけないの?』

と思ったことはありませんか?

永久歯やその歯並びは乳歯の影響を強く受けます。

乳歯の奥歯は上下左右に8本あり、6歳頃に1番奥の乳歯の後ろに成人への第一歯となる「6歳臼歯」という永久歯が生えてきます。 例えば、乳歯がむし歯になり歯が欠けてすき間ができたり、抜歯による早期喪失をすると、その奥のほうの歯が前方に寄ってきます。その結果、6歳臼歯の生え位置が前方へ移動してしまうことになります。そうなると、6歳臼歯の手前に生えてくる永久歯のスペースが狭くなるために歯並びが悪くなり、大人になってむし歯や歯周病になりやすくなるのです。特に、乳歯の奥歯を早くから抜くと歯並びへの影響が大きくなるので、6歳臼歯が寄ってこないようにスペースを保つ装置をいれる必要があります。 また、乳歯のむし歯が進んで神経が死んでしまい歯の根の先にうみがたまっていると、その下にある永久歯に悪影響が出ることもあります。 健康な乳歯でしっかりかむことはあごの発育を助けて顔の形を整えたりもします。

乳歯のむし歯は進行がとても早く、小さく見えても中で大きくなっていることが多いです。 奥歯の歯と歯の間の虫歯は一生懸命にブラッシングをしていても防げないことがあります。学校の健診でも見つかりにくいためにレントゲンを撮ってみて初めて気付くケースも珍しくありません。 最低でも4ヶ月に1回は定期健診を受け、むし歯にならないことが1番大事なのです!!もし、乳歯がむし虫歯なってしまった場合は小さいうちにとにかく早く治療をしましょう!!

〜歯と共に心も体も健康に〜

さくらいデンタルクリニック
院長 櫻井健次

投稿者: さくらいデンタルクリニック

予防歯科でこれからを大事に

愛と思いやりと優しさをもって、理想的な歯科治療を提供いたします。
歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください。

  • common_tel.png
  • メール問い合わせ
  • WEB予約
  • common_tel_sp.png
  • メール問い合わせ
  • WEB予約