ホーム > インプラント治療

インプラント治療

「第二の永久歯」インプラントとは?

インプラント 「インプラント」とチタンで造られた人工歯根のことです。
人工歯根を顎の骨に埋め、その上に人工の歯を被せることで、失われた歯の機能を回復させます。チタンは人体との親和性が高く、金属アレルギーの方も安心です。
インプラント治療で作られた歯は「第二の永久歯」とも呼ばれます。
見た目も噛み心地も自然ですので、入れ歯やブリッジに代わる画期的な治療方法として定着しはじめています。
日本では1980年代より取り組みが始まり、現在はインプラントの質も向上、15年で生存率90%以上ともされています。

 
ご安心ください

インプラント手術はきっちりと局所麻酔を行った上で治療します。
その為、痛みは、ほぼありません。(歯を抜くときと同じくらいです)
手術は数時間で終わるため、入院する必要はございません。
ただし術後、経過観察のため通常2~4カ月間の通院が必要です。症状によって治療期間は異なりますので、事前にご確認ください。
また痛みを軽減する様々な療法も行っておりますのでご相談ください。

インプラントの構造

アバットメント(支台部)とインプラント体(歯根部)の2つに分かれます。
インプラントと顎の骨がしっかり結合するのを待って、そこを土台にして上に安定した人工歯を被せます。
入れ歯やブリッジでは難しかった「自分の歯のように噛める」という機能性が回復し、さらに天然の歯のような高い審美性を保ちます。

インプラントの長所

●よく噛める
入れ歯と比較すると、骨と結合しているため安定しており、噛みやすさが違います。
●見た目が自然
部分入れ歯と比較すると、固定するバーや止金が不要なため自然な外観となります。
●残った天然歯や組織を傷めにくい
インプラント治療は、ブリッジのように天然歯を削る必要がありません。
また入れ歯のような異物感がなく、噛み心地や発音・発声が自然に近くなります。

インプラントの短所

●時間がかかる
治療終了まで、最低でも4~6カ月かかります。
●手術を伴う
一般の歯科治療で行う麻酔(通常局所麻酔)をした上で、外科的処置が必要です。
●費用がかかる
全て自費診療の扱いになります(各歯科医院で、費用は異なります)。
●治療できない場合がある
インプラント治療には、一定の骨の量が必要です。
また全身的な疾患がある場合は、そちらの治療が優先されます。

インプラント治療の流れ

  1. 1 カウンセリングと精密検査

    十分なカウンセリングと精密検査(レントゲン、口腔内写真撮影など)から最適な治療方法を診断します。
    不適切なインプラントは、神経を圧迫するなどの副作用や、インプラントが折れる、かみ合わせが悪いなどの問題を起こす場合があります。
    そのためさくらいデンタルクリニックでは、手術前にカウンセリングと精密検査としっかりと行います。
    今後の治療計画、費用などをご説明いたしますので、ご不安に感じること、わからないことがあれば、どんな内容でも遠慮なくご相談ください。

  2. 2 インプラントを埋めます

    歯の機能を取り戻したい場所に、インプラント(人工歯根)を埋め込む手術を行います。
    埋入本数などにもよりますが、手術時間は30分~1時間30分程度です。
    ただし安静時間などが必要ですので、お帰りいただけるまでの全体の時間は2~3時間となります。
    術後、およそ3~6カ月で、骨とインプラントが結合します。

  3. 3 人工の歯をつける準備

    埋め込んだインプラントと骨がしっかりつき、安定したことをレントゲンなどで確認します。
    その後、人工歯を装着するための準備となる手術(インプラントの頭出し)を行います。
    この時、後に人工歯が天然の歯に見えるよう、歯ぐきもキレイに処置いたします。

  4. 4 人工の歯を取り付け

    かみ合わせを確認しながら人工歯を装着。
    これでインプラント治療は完了です。

  5. 5 メンテナンス

    インプラントを長く機能させるためには、自分の歯と同じように正しいケアが必要です。
    治療後、半年に1度の定期健診をお受けください。
    かみ合わせのチェック、インプラント周囲の歯周病予防、正しいブラッシング法の指導などを行います。

インプラントに関するご注意

治療年齢について

通常、骨の成長がほぼ終了する16歳以上でなければ、インプラント治療は行えません。

術後について

術後の腫れや痛みには個人差はありますが、ほとんどは抜歯と同じ程度で、2~3日から長い場合でも1週間で落ち着きます。
日常生活もほとんど問題ありません。当初は異物感がありますが、すぐに慣れてきます。
ただし不衛生にしていると感染により歯ぐきの腫れることがありますので、衛生管理には気をつける必要があります。

費用について

インプラント治療の費用は医療費控除の対象となりますので、税務署への簡単な確定申告でお金が戻ってきます。

■医療費控除とは
1年間に支払った医療費が10万円以上の場合(年収によっては10万円以下でも可)に適用され、税金の還付、軽減の対象となります。
本人だけでなく、家計が同じ配偶者や親族の医療費も対象となります。
■控除金額
医療費控除額(※1) = 医療費の合計額(※2) - 保険金などで補てんされる金額 - 10万円(※3)
10万円または所得金額の5%のいずれか少ない金額
所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。
    ※1 控除額の上限は200万円まで。
    ※2 その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費。
    ※3 所得金額が200万円未満の人は、10万円ではなく所得金額の5%を差し引きます。
院長 所属学会


大きな地図で見る
■住所
〒663-8003
兵庫県西宮市
上大市1丁目5-20
メゾン甲東園1F
■最寄駅
阪急甲東園駅(東口)徒歩5分
■TEL
0798-51-7780
■受付時間
9:30~12:30、14:30~19:00
※土曜日は17:00まで
■休診日
日曜・祝日

詳しくはこちら