予防歯科

予防歯科

予防歯科で「これから」を大事に

歯とお口の健康は、生涯おいしく食事をし、健康で充実した毎日を過ごすためにはかかせません。
かつて歯科医院は「歯が痛くなって仕方なく行くところ」でした。
しかしこれからは「積極的に利用し、虫歯や歯周病などを予防するところ」に変わる時代です。
予防歯科は、お口のクリーニングやチェックを行い、その健康を維持していくために重要です。

定期健診でアフターケア

歯の治療は、その後の予防が最も大事!
定期的なクリーニングなどを行うことで、病気の再発や発症を未然に防ぐことができます。困ったことが起きても「早期発見」「最小限の治療」で済ませることができるのです。
そのため、さくらいデンタルクリニックでは、2~3カ月に1度、定期健診の予約を取っていただきます。しっかりと診察させていただきますので、予約制とさせていただいております。
患者さまが一生、ご自分の歯でおいしく食事をし、歯に困ることがないようにアフターケアまで責任をもって携わりたいと考えております。

定期健診ではこんなことをします

① 口腔内検査
虫歯など異常がないかチェックします。
② 染め出し・歯磨き指導
歯を赤く染めて、ブラッシングできるところとできていないところをチェックします。
③ フッ素塗布
虫歯に負けない強い歯を作ります。

フッ素で虫歯予防!

フッ素とは、鉄やカルシウムのように自然の中にある元素です。
フッ素を歯に作用させると、歯の結晶(アパタイト)の一部になります。
歯の表面をコーティングするのではなく、歯の表面そのものを強化します。通常の歯の結晶よりも丈夫になりますので、虫歯菌の出す酸にもより強くなります。

効果的なのは乳歯・生えたばかりの永久歯です

フッ素は乳歯や生えたての永久歯の虫歯予防に効果があります。
歯の表面はきれいなエナメル質が整っていないケースが多くあり、触るとツルツルでない状態です。
そのため、茶しぶがつきやすく汚れやすくなります。
そこで早く丈夫な歯にしようというのが、フッ素治療です。

プロにおまかせのフッ素治療

ご家庭でも、フッ化物配合の歯磨き剤を使用すればある程度の虫歯予防効果はあります。
しかし私たち歯科医師や歯科衛生士にお任せいただければ、濃度の高いフッ化物溶液が使用できますのでご家庭の歯磨きよりも遥かに高い効果が期待できます。
最適な時期としては、歯の生えはじめが最も効果的です。
また重ねて塗布することで効果が上がりますので、乳歯が生え始める1歳頃から、永久歯が生え揃う14歳頃まで4~6ヶ月ごとにフッ化物を塗布するとよいでしょう。

フッ素の安全性

体重60kgの大人で、フッ素を300mg、体重10kgの子どもでフッ素50mgを摂取すると危険とされています。
しかし病院で塗布するフッ素は多くて2mgです。フッ素を添加した水でも、1リットル飲んでようやく約1mgのフッ素量ですから、たとえ多少口の中に残ったとしても、通常これで危険になることはありえません。
厚生労働省や文部科学省、日本歯科医師会などが虫歯予防にフッ素を使うことを推奨しています。

さくらい先生よりちょっとひとこと

虫歯は「よく噛む」ことが嫌いです

虫歯は、菌が糖類(主に砂糖)を餌にして酸を作り、歯を溶かしていく病気です。
実は私たちの歯は、食事をするたびに表面がわずかずつ溶けています。唾液に含まれるカルシウムが、歯を修復しているのです。
ところが間食やだらだら食いが多いと、唾液による修復が追いつきません。歯が溶ける時間が長くなってしまい、本物の虫歯になります。
また、よく噛むことは唾液の分泌を促し、細菌に対する抵抗力を高め虫歯や歯周病を予防します。

虫歯菌は砂糖が大好き

私たちの口の中には、いろいろな細菌が住んでいます。
虫歯の原因となるのは、そのうちの「ミュータンス菌」です。
しかしこの菌がいるだけでは、虫歯にはなりません。この菌は砂糖が大好きで、砂糖を栄養にしてネバネバとしたデキストランというものを作り出します。
このデキストランが、他の細菌や食べ物のカスを取りこみ、歯垢(プラーク)と呼ばれる膜を作るのです。
膜は、細菌たちの居心地の良い住処となります。細菌は繁殖して酸を出します。
この酸が歯を少しずつ溶かしてしまうのが「虫歯」なのです。

予防歯科でこれからを大事に

愛と思いやりと優しさをもって、理想的な歯科治療を提供いたします。
歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください。

  • common_tel.png
  • メール問い合わせ
  • WEB予約
  • common_tel_sp.png
  • メール問い合わせ
  • WEB予約