ホーム > 予防歯科 歯周病

予防歯科 歯周病

さくらいデンタルクリニックの無痛治療

これまで「歯科医院はこわい」「痛い目にあう」と思ったことはないでしょうか?
さくらいデンタルクリニックでは、不快な症状を伴う全ての治療に麻酔を用い、治療中の痛みを取り除きます。
表面麻酔や電動式麻酔などを用い、可能な限り痛みのない・不安のない治療に努めます。

歯周病とは?

歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にひそんだ細菌が、歯ぐきや骨を溶かしてしまう病気です。
昔は「歯槽膿漏」と呼ばれましたが、今では「歯周病」という呼び方が一般的です。
歯茎の炎症が起こることで、腫れたり、歯と歯ぐきの間に歯周ポケットという隙間ができてきます。それが深くなると、歯の土台となる骨が縮んで、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
自覚症状がない歯周病も含むと、30歳以上の成人の方の約80%が歯周病になっているといわれます。
自覚症状がない場合でも定期健診を受け、早めのと予防を心がけることが大切です。

 
本当はおそろしい歯周病

口の中の疾患と思われがちですが、歯周病は身体のさまざまな部分に影響を及ぼします。
歯周病菌が血液の流れに乗って全身の臓器に行き渡り、さまざまな疾患に関わるともいわれているためです。
例えば、歯周病の妊婦は、そうでない妊婦と比べて早産および低体重児(2,500g未満で産まれた新生児)の出産の危険性が7倍になるという海外のデータがあります。
また日本でも、早産の危険性が約5倍高くなるという報告があります。
肺に感染すれば肺炎に血栓ができやすくなり、動脈硬化を招き心筋梗塞や狭心症、細菌性心内膜炎などを引き起こすこともあります。

口臭には3つの原因があります

それぞれの原因を解明し、患者さまにあった解決方法を提案します。

生理的口臭
舌や歯の汚れと細菌が産生する成分による口臭です。清潔を怠ると、そのにおいが悪臭へと変わっていきます。
病気が原因の口臭
虫歯や歯周病などお口の病気はもちろん、喉の病気、呼吸器や消化器など、体の病気によっておきる口臭です。お口の衛生に気をつけていても口臭がする場合は体の病気が疑われます。
食べ物による口臭
にんにくやニラなど食事により、口臭がひどくなることがあります。お酒の飲みすぎやタバコの吸い過ぎでも息がにおいます。
オーダーメイドの歯磨き指導を行います

歯磨きの方法にもいろいろあり、どれが正しいとは一概にはいえません。
歯周病の治療をされた方、歯列矯正中の方、お子様と、患者さまに合った歯磨きの方法があります。
熟練した歯科衛生士が、患者さまにあった歯磨きの方法を指導します。
さくらいデンタルクリニックでは予防を中心とした診療を行いますので、歯磨き指導はとくに大事だと考えております。患者さまのきちんとしたプラークコントロールができてこその治療です。
せっかく費用と時間をかけても、治療したところがまた悪くならないよう、お一人おひとりに合ったオーダーメイドの歯磨き指導をさせていただきます。

さくらい先生のちょっとひとこと
●歯周病は大人だけの病気ではありません
かつて歯周病は大人の病気だと思われてきました。しかし、子どもが歯周病にならない訳ではありません。
子どもは免疫力も強く、唾液の分泌量などが多いため、歯周病にはなりにくいと考えられていますが、先天的に免疫力が弱い場合、歯磨きの状態が非常に悪い場合には歯周病になります。
また今日の食生活の著しい変化で、粘着性の高い柔らかい食物が多くなっているのも、小学生や中学生で歯周病が出る原因とされています。
もし子どもが歯周病になってしまうと、成人より早く進行するのでご注意ください。
歯周病の予防にはまず歯周病の原因である歯垢を取り除くことが大切です。正しいブラッシングの方法で、歯垢のない清潔な状態にしておくことが大切です。
●乳歯の生える時期
乳歯は生後6カ月頃から生えはじめ、2歳くらいまでに上下合わせて20本生え揃います。
早い場合は生後2~3カ月、遅い場合は半年過ぎても生えないこともあります。個人差がありますのであまり気にせず、様子を見てみましょう。
歯が生えてきたら歯をガーゼなどで拭いていると、将来仕上げ磨きするようになっても嫌がらないといわれます。
●永久歯に生え変わる時期
6歳頃から子どもの歯から大人の歯に生え変わり始めます。遅い人でも15~16歳には、親知らずを除く28本の永久歯が生え揃います。
生え変わりで気になることの1つに、歯並びがあります。
歯並びが悪いとブラッシングしにくく、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
またこの時期、歯ぐきが炎症を起こす「歯肉炎」という病気にも注意が必要です。
炎症は3、4歳頃から見られ、歯の交換期に増加し、12歳頃の永久歯が生え揃う頃に多く認められます。
子どもの歯肉炎は永久歯列になったときに、将来歯周病に移行することが考えられますので、予防をこの時期にしっかりしておくことが大切です!

予防歯科

予防歯科で「これから」を大事に

予防 歯とお口の健康は、生涯おいしく食事をし、健康で充実した毎日を過ごすためにはかかせません。
かつて歯科医院は「歯が痛くなって仕方なく行くところ」でした。
しかしこれからは「積極的に利用し、虫歯や歯周病などを予防するところ」に変わる時代です。
予防歯科は、お口のクリーニングやチェックを行い、その健康を維持していくために重要です。

 
定期健診でアフターケア

歯の治療は、その後の予防が最も大事!
定期的なクリーニングなどを行うことで、病気の再発や発症を未然に防ぐことができます。困ったことが起きても「早期発見」「最小限の治療」で済ませることができるのです。
そのため、さくらいデンタルクリニックでは、2~3カ月に1度、定期健診の予約を取っていただきます。しっかりと診察させていただきますので、予約制とさせていただいております。
患者さまが一生、ご自分の歯でおいしく食事をし、歯に困ることがないようにアフターケアまで責任をもって携わりたいと考えております。

定期検診ではこんなことをします
1口腔内検査
虫歯など異常がないかチェックします。
2染め出し・歯磨き指導
歯を赤く染めて、ブラッシングできるところとできていないところをチェックします。
3フッ素塗布
虫歯に負けない強い歯を作ります。
フッ素で虫歯予防!

フッ素とは、鉄やカルシウムのように自然の中にある元素です。
フッ素を歯に作用させると、歯の結晶(アパタイト)の一部になります。
歯の表面をコーティングするのではなく、歯の表面そのものを強化します。通常の歯の結晶よりも丈夫になりますので、虫歯菌の出す酸にもより強くなります。

効果的なのは乳歯・生えたばかりの永久歯です

フッ素は乳歯や生えたての永久歯の虫歯予防に効果があります。
歯の表面はきれいなエナメル質が整っていないケースが多くあり、触るとツルツルでない状態です。
そのため、茶しぶがつきやすく汚れやすくなります。
そこで早く丈夫な歯にしようというのが、フッ素治療です。

プロにおまかせのフッ素治療

ご家庭でも、フッ化物配合の歯磨き剤を使用すればある程度の虫歯予防効果はあります。
しかし私たち歯科医師や歯科衛生士にお任せいただければ、濃度の高いフッ化物溶液が使用できますのでご家庭の歯磨きよりも遥かに高い効果が期待できます。
最適な時期としては、歯の生えはじめが最も効果的です。
また重ねて塗布することで効果が上がりますので、乳歯が生え始める1歳頃から、永久歯が生え揃う14歳頃まで4~6ヶ月ごとにフッ化物を塗布するとよいでしょう。

フッ素の安全性

体重60kgの大人で、フッ素を300mg、体重10kgの子どもでフッ素50mgを摂取すると危険とされています。
しかし病院で塗布するフッ素は多くて2mgです。フッ素を添加した水でも、1リットル飲んでようやく約1mgのフッ素量ですから、たとえ多少口の中に残ったとしても、通常これで危険になることはありえません。
厚生労働省や文部科学省、日本歯科医師会などが虫歯予防にフッ素を使うことを推奨しています。

さくらい先生のちょっとひとこと
●虫歯は「よく噛む」ことが嫌いです
虫歯は、菌が糖類(主に砂糖)を餌にして酸を作り、歯を溶かしていく病気です。
実は私たちの歯は、食事をするたびに表面がわずかずつ溶けています。唾液に含まれるカルシウムが、歯を修復しているのです。
ところが間食やだらだら食いが多いと、唾液による修復が追いつきません。歯が溶ける時間が長くなってしまい、本物の虫歯になります。
また、よく噛むことは唾液の分泌を促し、細菌に対する抵抗力を高め虫歯や歯周病を予防します。
●虫歯菌は砂糖が大好き
私たちの口の中には、いろいろな細菌が住んでいます。
虫歯の原因となるのは、そのうちの「ミュータンス菌」です。
しかしこの菌がいるだけでは、虫歯にはなりません。この菌は砂糖が大好きで、砂糖を栄養にしてネバネバとしたデキストランというものを作り出します。
このデキストランが、他の細菌や食べ物のカスを取りこみ、歯垢(プラーク)と呼ばれる膜を作るのです。
膜は、細菌たちの居心地の良い住処となります。細菌は繁殖して酸を出します。
この酸が歯を少しずつ溶かしてしまうのが「虫歯」なのです。
院長 所属学会


大きな地図で見る
■住所
〒663-8003
兵庫県西宮市
上大市1丁目5-20
メゾン甲東園1F
■最寄駅
阪急甲東園駅(東口)徒歩5分
■TEL
0798-51-7780
■受付時間
9:30~12:30、14:30~19:00
※土曜日は17:00まで
■休診日
日曜・祝日

詳しくはこちら